ポトフ 朝日メディアフォーラム コンテンツ&コミュニティ ―朝日新聞社の新しい挑戦―ポトフ 朝日メディアフォーラム コンテンツ&コミュニティ ―朝日新聞社の新しい挑戦―

生活者と情報の接し方の変化が激しい現在において、メディアにおいても、広告コミュニケーションにおいても、どのように生活者と向き合っていくかは難しい課題となりました。朝日新聞社ではこれまで、新聞をはじめとしてマスを対象に情報発信を行ってきましたが、読者とのあらたな接点の必要性を強く感じています。

一方で、いまはコンテンツの時代ともいわれています。共感を呼ぶコンテンツや、事実に基づく情報は、これまで以上に強く人々の心に届くようになりました。このたび朝日新聞では、このような時代背景の中、ユーザーにとって興味のある特定のジャンルやテーマを深掘りする「バーティカルメディア」に取り組みます。メディアのローンチを記念し、みなさまとご一緒に、コンテンツとコミュニティを考えるための「朝日メディアフォーラム」を開催させていただきます。

みなさま奮ってご来場ください。

※ 広告主様、広告会社様、PR会社様等を対象にしたイベントです。

イベント概要

開催日
2018年7月9日(月)
時間
開場13時30分、開演14時、終演17時
場所
Lumine 0 〈ルミネゼロ〉 アクセスはこちら
東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24−55
応募締め切り
7月4日(水)
応募方法
応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
問い合わせ
朝日新聞社 総合プロデュース室 メディア開発チーム
email: verticalmedia@asahi.com
注意事項
事前申込制。定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。参加者には、受講票を7月5日(木)以降にお送りします。
出席されない場合も、当日の資料をご希望の方は下記より、ご応募ください。
本イベントは、広告主様、広告会社様、PR会社様等を対象にしたイベントです。対象外の方はご来場をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

プログラム

主催者挨拶
朝日新聞 代表取締役社長 渡辺雅隆
トークセッション「コミュニティのあり方を考える(仮)」
活動する媒体の違うそれぞれのコンテンツメーカーが、コンテンツを通したコミュニティのあり方をクロストークします。
登壇者
バーティカルメディア統括編集長:後藤 絵里
放送作家:鈴木 おさむ さん
女優:足立 梨花 さん
各メディアのご紹介
これまでに立ち上がった5媒体を簡単にご紹介いたします。
「コミュニティづくりに生かすデータ分析」
登壇者
グーグル合同会社 ビジネスインサイトチーム 統括部長:小野 雄高 氏
パネルディスカッション「コミュニティの創造とそのマーケティング活動」
ブランドの宣伝担当や、コミュニティマネージャーのそれぞれの立場から、コミュニティを活用した取り組みや、今後の展望などを語ります。
登壇者
花王株式会社デジタルマーケティング部 コミュニケーション企画室室長:板橋 万里子 氏
キリン株式会社 デジタルマーケティング部:加藤 美侑 氏
パラレルマーケター・エバンジェリスト:小島 英揮 氏
朝日新聞社 総合プロデュース室:三橋 有斗
モデレーター/株式会社スケダチ 代表:高広 伯彦 氏
ネットワーキングタイム

登壇者

鈴木 おさむ さん

放送作家
鈴木 おさむ さん

1972年生まれ。多数の人気バラエティ番組の構成を手がけるほか、映画・ドラマの脚本・演出、エッセイ・小説や漫画原作の執筆、ラジオパーソナリティ、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。

足立 梨花 さん

女優
足立 梨花 さん

第32回ホリプロスカウトキャラバングランプリ(2007年)【近年の出演作】・映画「キスできる餃子」主演・東海TVオトナの土ドラ「限界団地」・BSジャパン連続ドラマJ「噂の女」主演・NHK「土曜スタジオパーク」MC・TX「特捜警察ジャンポリス」MC

小野 雄高 氏

グーグル合同会社 ビジネスインサイトチーム 統括部長
小野 雄高

2006年にグーグルに入社後、GoogleAdWordsのアカウントストラテジストとして、GoogleAdWordsキャンペーンの最適化、アカウントプランの提案に携わり、GoogleAdvertisingProfessionalsプログラム(認定制度)の講師を勤める。現在は、データ分析による意思決定の促進、マーケティングの最適化を支援するデータサイエンティストチームを統括。

板橋 万里子 氏

花王株式会社 デジタルマーケティング部 コミュニケーション企画室 室長
板橋 万里子

2000年花王株式会社入社。インターネットのマーケティング活用に携わる新部門であるインターネット推進室の立ち上げに参画。花王WEBサイトのガイドラインやブランドサイト開設に関するコンサルテーションに携わる一方で、デジタル広告の活用について推進をすすめる。2007年、花王で初めてのコミュニティサイトを立ち上げと運営を担当。2009年よりWEB作成部企画グループリーダーとして事業横断コンテンツやデジタル広告の立案業務を統括。2012年、ソーシャルメディアの活用を推進するSNS室設立。2016年より現職。デジタルを活用したマーケティングミックスの企画開発を推進、ブランドのデジタル施策を中心に支援している。

加藤 美侑 氏

キリン株式会社 デジタルマーケティング部
加藤 美侑

2015年にキリン株式会社へ入社。デジタルマーケティング部にて氷結などのチューハイブランドやクラフトビールブランドのデジタルを含めたマーケティングの推進を担当。1年間の産休・育休を経て、現在はキリンの独自素材“プラズマ乳酸菌”を配合した「iMUSE(イミューズ)」のデジタルマーケティングを担当。

小島 英揮 氏

Still Day One 合同会社 代表社員 パラレルマーケター・エバンジェリスト
小島 英揮

明治大学卒業後、PFU、アドビシステムズ等でマーケティング業務に従事。 2009年から2016年まで、AWS(アマゾン ウェブ サービス)で日本のマーケティングを統括。2016年にコミュニティーマーケティングを考えるコミュニティー = CMC_Meetup を立ち上げる。2017年より決済(Stripe)、AI (ABEJA)、コラボレーションツール(ヌーラボ)など国内外の複数のスタートアップで、マーケティング、エバンジェリスト業務を「中のヒト」としてパラレルに推進中

高広 伯彦 氏

株式会社スケダチ 代表
高広 伯彦

株式会社博報堂の営業職としてキャリアをスタート。2004年には株式会社電通に入社。2005年グーグル株式会社、2009年には 「スケダチ 」として独立。広告ビジネス開発領域や、各種マーケティングコミュニケーションの企画やコンサルティングをスタート。2012年には共同創業者として日本初のインバウンドマーケティング領域及びB2Bデジタルマーケティングの支援企業「マーケティングエンジン」を立ち上げ。その後 、企業各種マーケティング支援やメディア企業の事業開発支援を行う。2015年6月から米国のネイティブ広告企業SharethroughInc.の日本事業の代表も務めており、デジタル領域を中心に幅広くマーケティングや広告のビジネスに関わっている。

スペシャルゲストが登壇!!

 これまでに立ち上がった5つの媒体をご紹介するセッションでは、それぞれの媒体で連載を執筆いただくなどの関係の深いスペシャルゲストをお招きし、編集長とのショートトークセッションを行うことになりました。

◆「telling,」編集長 中釜 由起子 ✕ 古谷 有美 氏(TBSアナウンサー)

◆「sippo」編集長 山田 裕紀 ✕ 大日方 久美子 氏(パーソナルスタイリスト)

◆「DANRO」編集長 亀松 太郎 ✕ 宮脇 淳 氏(編集者/コンテンツメーカー)

◆「朝日新聞 GLOBE+」編集長  堀内 隆 ✕ ロッシェル・カップ 氏(コンサルタント)より、ビデオメッセージ

◆「好書好日」編集長 野波 健祐  ✕ 藤巻 亮太 氏(シンガー・ソングライター)